ニキビと洗顔の関係

ニキビの予防や治療対策としては、やはり丁寧な洗顔が効果的です。この場合の丁寧とは、ゴシゴシと力いっぱい顔や体をこすりとるというものではなく、適切な力できちんと皮脂や古い角質を取り除くことができるという方法のことです。よく勘違いされているのが力任せの洗顔を行うというもので、力を加えて肌に刺激を与えてしまうことで肌から余計な皮脂が分泌されるようになり余計にニキビを招きやすくしてしまうこともあるので充分に注意しましょう。
ニキビ対策のための洗顔方法のポイントは大きく分けて以下のようなものになります。まず「洗顔料には泡立ちの良いものを使い、弱アルカリ性タイプのものを選ぶ」ということと「洗顔をするとき洗いすぎを防ぎ、肌に優しい石けんを使うようにする」、さらに「蒸しタオルなどであらかじめ肌を柔らかくしたあとに洗うようにする」、「ダブル洗顔を行う」「ニキビ専用の洗顔料やネットなどを使うようにする」というものです。
ニキビ対策をうたった洗顔料はたくさんありますが、肌に優しい成分であることが最も重要なポイントです。特に、オイリー肌の人や敏感肌の人は、きちんと自分の肌質にあった洗浄力のものを選ぶようにしましょう。
洗顔方法を自分にあったものにするだけでも、だいぶニキビのでき方に変化が見られるようになってきます。間違った洗顔方法は反対にニキビのできやすい肌質を創り上げてしまうので、現在進行としてニキビに悩む人は、まず洗顔料の成分をみてみてください。